スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブルの効能



「水槽でエアレーションをするということは酸素補給のため。」

このように考えている方が多いと思いますが、

もうひとつ大切な役目があります。それは

水中に発生する有毒物やガスを放散させる」ということです。

屋外では風がこの役目を果たしてくれますが室内は通気が悪いので

どうしても代役が必要で、それがエアレーションということにになります。

また、水面の油膜やたんぱく質の残滓などの広がりを防ぐ効果もあります。

上部式濾過槽単用で魚の状態が良くないときエアレーションを追加するか

水深を減らして水の落ち込み口で爆気するようにすると改善することが

あります。これも上記の効果の一例でしょう。

ビルの谷間にあるランチュウの養殖場やフレーム式の施設では風の通りが良くない

ので大型の扇風機を設置してあるのを見かけます。

これなども水面に風を当てて酸素を補給するとともに有害物を振り払っているわけです。

当方でも室内のポリ水槽でエアレーションと小型扇風機を併用し効果があります。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。