スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪らんちゅうに対するエアレーションについて。

エアレーションに対する是非は古今色々な意見がなされてきました。

つまり水質が溶存酸素量を含めて飼育に適していれば、当然しないほうが

金魚にとっても快適でしょうし、体形維持にもつながります。

昔のように坪池でゆったり飼えた時代はそれでよかったと言えます。

しかしながら、現今の大方の飼育条件下ではエアレーションなしでの飼育は

事実上、不都合が多いものです。


当方にいただく質問に意外と多いのがこのブクブクについてであり、

次回の記事では私なりの考えを述べてみたいと思います。

ちなみに当方の場合、飼育池は1坪又は半坪なので収容数を少なめにし、

エアレーションは全く行っておらず、店舗の水槽には100%行っています。












>>らんちゅう飼育の極意




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。