スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオサカランチュウの画像

「オオサカランチュウの戦前の写真は残されていない。」
というのが通説で私も見たことがありません。

しかしながら絵画には、はわりと多く描かれており、
私が最も実物に近いと思っている絵がこれです。


おおさからんちゅうの絵
画像をクリックすると
拡大します




明治30年、菊寿堂義信という人の書いた「錦魚そたて草」という本の挿絵に描かれたもので
右側はオランダシシガシラです。オオサカランチュウの飼育が全盛期のものと思われます。

この絵からすると現在のオオサカランチュウはほぼ元どうりに復元されたといえるでしょう。

池山先生はじめ多数の方々のご尽力が見事に開花しました。

体形や色柄に関する今後の持って行き方についての私の考えはいずれ書いてみたいと思います。


*参考文献 桜井良平著 金魚の飼い方入門 金園社 1986年
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。