スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオサカランチュウの表記について

この金魚の場合「音」は同じでも文字で書くとさまざまです。

おおさからんちゅう  オオサカランチュウ
おおさからんちう   オオサカランチウ
おほさからんちゅう  オホサカランチュウ
おほさからんちう   オホサカランチウ
大阪らんちゅう    大阪ランチュウ
大阪らんちう     大阪ランチウ
大坂らんちゅう    大坂ランチュウ
大坂らんちう     大坂ランチウ
大阪蘭鋳
大坂蘭鋳・・・etc

別称では「模様魚」など。

さて、どれが適当か。

ところで、「生物の和名はカタカナで書く」という一応の決まりがあります。

ヒト、イヌ、カブトムシ等々。

そして現代仮名遣いに則ると答えは

「オオサカランチュウ」

ということになります。

まあ、風情もなく、異論をお持ちの方もおいででしょうが

とりあえず当サイトではこのように表記いたします。

但し慣習的に使われる「東錦」や「土佐金」などはこのかぎりではありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。