スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しい柄模様

お久しぶりです。

今回は当池で出た珍しい柄の個体を紹介します。

市松模様
画像をクリックすると
拡大します




この魚はもともと体色が白だったのですが2歳になってから赤がのり始め、
現在このような美しい模様になりました。

赤い金魚が白くなることはよくありますが、その逆は珍しいと思います。

鹿の子更紗の場合、鱗の基部が赤い訳ですが、この個体では
全体が赤い鱗が多く、それが互い違いにある感じですので

「市松模様」と表現するべきでしょう。

オオサカランチュウではこのように、あとで赤がのってくることが時々あるようです。

当方の魚には昔のオオサカランチュウの血が入っているのでこのような現象が起こるのかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。